復讐教室 無料で全巻/漫画・小説が読める!漫画村の代わりのサイトをお伝えします。

人の集まる学校には様々な問題がありますが、中でもいじめ問題は深刻です。しかし、いじめられ続けていた少女が復讐を決意し、あらゆる方法で報復をしていったらどうなるか、と描いたのが本作復讐教室」です。

復讐教室 無料で全巻/漫画・小説が読める!<漫画村の代わり>

※画像は一部だけですが、全巻全話配信されています。

復讐教室を全巻無料で読む方法は、電子書籍を配信しているU-NEXTと言うサイトなら無料で確実に読む事ができます。

無料で電子書籍をネットで読むと聞くと「どうせ、試し読みで途中までしか読めないんだろ!?」と思うかもしれませんが、そんな事はありません。

 

本当に、復讐教室の読みたい巻をしっかりと最後まで読めます。

その理由をご紹介しておきます。

 

U-NEXTと言う、電子書籍&動画配信サービスでは、1ヶ月、完全に無料で利用する事できます。※登録から31日以内に解約すれば、完全に無料で利用できます。

そして、無料登録にも関わらず、U-NEXT内で利用できるポイントがもらえます。このポイントを活用する事で、復讐教室の好きな巻や最新刊など、無料で読む事ができます。

⇒ 31日無料キャンペーンで漫画を読む

※このU-NEXTの無料キャンペーンはいつ終了するか、わからないので、早めに登録しておきましょう。

 

「復讐教室」のあらすじ&ネタバレ

中学三年生の藤沢彩菜は、クラスの中でひどいいじめのターゲットにされていました。タバコや画鋲によって肉体に傷が残るようなダメージを受け、精神的にも追い詰められてしまうほどの仕打ちを受け、抵抗する気力もなくなりつつあった頃、誰かの手によって背中を押され、車にはねられてしまいます。

幸い、一命をとりとめた彼女は、クモの罠にかかったハチが反撃して逆にクモを仕留めた姿を見て衝撃を受け、自分もまた復讐することを決意します。

彩菜は、自分をいじめてきた人間はもちろんのこと、それに加担した者や見て見ぬ振りをしてきた者、つまりはクラスにいるすべての人間に対しての報復を目指し、腕力や権力がない代わりに、徹底的に相手を調べ上げ、その弱点に付け入るスタイルで反撃を開始します。

手始めに彩菜が選んだのは、瀬尾優斗。学校一のイケメンで、キザだが女性に対しては紳士的な態度を取っていますが、その本質は外道であり、彩菜もまたつけ込まれるような形で彼に暴行された経験がありました。彩菜は、現在優斗が狙っている六人の女子の一人、池田沙知を、同級生で不良の一真が狙っていることを知り、一計を講じます。

優斗が沙知とカラオケ店でデートしたタイミングを狙い、別の人を使って一真の自転車に、「密会」に使っている部屋の番号とともに「沙知からのラブレター」を同封するといういかにも怪しい仕掛けでしたが、腕力に自信のある一真はためらわず現場に急行し、二人のデートを目撃することになります。優斗は一真にボコボコにされた上に浮気癖をバラされ、肉体はもちろん評判も崩壊してしまいます。

予想以上なほどにうまくいったリベンジでしたが、彩菜はこれで終わらず、他の人をターゲットにしていくのでした。

 

「復讐教室」の注目は「クールかつ徹底的なリベンジ」

 

いじめられていた人間が復讐をするという展開の作品は既にいくつもあり、「ミスミソウ」など、後々まで語り継がれる名作も存在しますが、本作の彩菜は、徹底的にいじめられ続けたこともあってか、とにかくクールに復讐を実行し続けます。自ら手を下すことなく、様々な策略を使い尽くして、心身を破壊していくその手口は、惨たらしく恐ろしいものですが、妙な魅力があるのも事実です。

基本的にまったく「甘さ」がなく、「和解」を前提にした雰囲気は皆無なので、他作品に比べてキツい描写も少なくありませんが、彩菜に迷いがないこともあって、むしろダークヒーローものに近い感じで読み進めることができます。本当にあらゆる手段を使い、時には「大人」を利用することすらいとわない彩菜の攻め手は本当に嫌らしく強烈で、ここまでのことができる人が、何故一方的にいじめられていたのかと思えてしまうほどです。

 

「復讐教室」の感想 「八つ当たり」をも合理化するいじめの恐ろしさと主人公のポテンシャル

いじめの問題は未だに社会的に大きなものとして考えられていますが、実際、受けた側の心身的なダメージは当事者以外には分かりづらいものがあります。とりわけ彩菜のように、時にはサンドバッグのように、時には性的な餌食としてと、あらゆる面から攻撃されてきた人にとっては、ちょっとやそっとの復讐では気分がおさまるものではなく、逆にどんなやり方で仕返しをしても、本人の中には「正義」があると考えてしまいがちなことを、本作は生々しく描写しています。

もちろん、復讐してもいいと法律で定められているわけではありませんので、彩菜自身も事を起こした時点で「悪」となり、自分をいじめていた人々と「同じ」になってしまうわけですが、彩菜には恐ろしいほどに「迷い」がありません。それは、自分が正しいと思う「理由」があれば、自分をいじめ倒していた最低な連中と同様になっても構わないとまで考えていることになるわけですから、普通はそこまでやりません。教師なり弁護士なりの「大人」に話をして、それで解決を目指す形になることが多いはずです。

無意識に、どころかむしろ自覚的に「最低」になり続けられる彩名の精神性は、ある意味では独特と言えるところがあり、その危険さが本作の裏テーマのようにも思いました。

 

「復讐教室」の評価は【★★★★】

本作の原作は「復讐の唄」という小説であり、ネット上で発表された作品でした。いわゆる「携帯小説」ですが、他の多くの携帯小説がハードで過激ながらも、やや現実離れした物語で人気を博していたのに対し、「復讐の唄」は、「いじめ」という地に足の着いたテーマを選び、壮大な復讐劇へと進んでいきました。

だからこそ共感できる部分は多く、彩菜が徹底的に復讐を進めていくシーンの恐ろしさは胸に残るものがありました。当事者だけでなく見て見ぬフリをしていた同級生も同罪だとして、次々と毒牙にかけていく彩菜は明確な「悪」でもありますが、彼女をその状況に追い込んだいじめの恐ろしさにも焦点が当たっているように思いました。

被害者である彩菜自身が罪を犯しているので、建設的とは言えない部分もありますが、ダークヒーローものとしてのエンタメ性や、どうしても和解や解決に至らざるを得ない「いじめ」ものの多くの作品とはまったく別の結論をみせた斬新さなど、見るべき点は非常に多い作品だと言えるでしょう。

 

復讐教室 無料で全巻全部を(最新刊も)読むならU-NEXT

⇒ 31日無料キャンペーンで漫画を読む