オールユーニードイズキル 無料で漫画全巻全話読めるサイトをお届けします。

『週刊ヤングジャンプ』にて2014年に連載され、同年にはなんとハリウッドでトム・クルーズ主演で実写映画化され話題を呼んだ、単行本全2巻で完結済みの、桜坂洋先生による日本のライトノベルを原作に、竹内良輔先生が構成、安倍吉俊先生がキャラクター原案、そして、「ヒカルの碁」・「デスノート DEATH NOTE」の小畑健先生作画による、「ループ(タイムリープ)」を題材にした、SFアクション漫画「オールユーニードイズキル All You Need Is Kill」をご紹介したいと思います。

オールユーニードイズキル 漫画 全巻 無料で読めるサイト【漫画閉鎖後はコレ】

※画像は一部だけですが、全巻全話配信されています。

オールユーニードイズキルを全巻無料で読む方法は、電子書籍を配信しているU-NEXTと言うサイトなら無料で確実に読む事ができます。

無料で電子書籍をネットで読むと聞くと「どうせ、試し読みで途中までしか読めないんだろ!?」と思うかもしれませんが、そんな事はありません。

 

本当に、オールユーニードイズキルの読みたい巻をしっかりと最後まで読めます。

その理由をご紹介しておきます。

 

U-NEXTと言う、電子書籍&動画配信サービスでは、1ヶ月、完全に無料で利用する事できます。※登録から31日以内に解約すれば、完全に無料で利用できます。

そして、無料登録にも関わらず、U-NEXT内で利用できるポイントがもらえます。このポイントを活用する事で、オールユーニードイズキルの好きな巻や最新刊など、無料で読む事ができます。

⇒ 31日無料キャンペーンで漫画を読む

※このU-NEXTの無料キャンペーンはいつ終了するか、わからないので、早めに登録しておきましょう。

 

あらすじ&ネタバレ

「死というやつは、唐突で、あっという間で、容赦を知らない。」

異星人が侵略のため地球に送りこんだ「ギタイ」と呼ばれる敵に世界各国が襲撃を受けていた。

人類は「機動ジャケット」と呼ばれるパワードスーツを戦線に投入し、それを着用することで生身で戦うより、白兵戦における機動力を飛躍的に向上させたものの、ギタイとの劣勢な戦いを続けていた。

主人公キリヤ・ケイジは、ギタイと戦う統合防疫軍に新兵として入隊するが、初出撃で絶望的な戦場へと送り込まれ、そこで圧倒的な戦闘力を持ち、他の兵士からは戦場の牝犬(せんじょうのビッチ)という渾名でも呼ばれる、若き少女兵士で本作のヒロインの、リタ・ヴラタスキの援護を受ける。

キリヤは瀕死の重傷を負いつつも、最後の力を振り絞り、リタたちUS特殊部隊が「サーバ」と呼ぶ、上部に角のようなアンテナ付きのギタイと相打ちになって死亡する。

しかし、死亡したはずのキリヤがふと気がつくと、「出撃前日の朝に戻っている」という不可解な現象に見舞われ、それが幾度も繰り返されるようになる。

ループする間、他の人間はループを認識できずに同じような行動を繰り返す一方、ギタイたちはキリヤをつけ狙うかのように行動を少しずつ変えながらキリヤを殺し続け、それは戦場に出撃せず逃亡しても逃れることができなかった。

何度も生と死を繰り返す中で、「記憶だけがリセットされずに蓄積される」ことに気付き、それが自分を成長させることを知ったキリヤは、戦場でのギタイの攻撃パターンを学習し、この戦いに勝利するため、そのループ能力を活かして経験を積み重ね、何度も戦場に赴いていった。

All You Need Is Killの注目は主人公とヒロインがクロスする構成】

単行本2巻のうち1巻目は、主人公・キリヤの一人称で構成されており、ループ能力を得たキリヤが死んで死んで死にまくり、その度に経験を得て、当初は軟弱な新兵だったのが、まるで熟練の手練れの兵士のように成長していきます。

しかし、2巻目の前半部分はヒロインのリタの視点にスイッチされ、そこでリタの過去と共にリタの圧倒的な戦闘力が、キリヤと同様の事象によって得ていた事が明らかになります。
それを起点として、それまでのキリヤでの視点のストーリーの謎や複線等も回収され、怒涛のフィナーレへと向かっていくその構成が、実に秀悦で見事としか言いようがありません。

感想 小畑健の圧倒的な画力がすごかった】

小畑先生の代表作である「ヒカルの碁」や「デスノート DEATH NOTE」は、設定が現代で現実社会と基本同じなため、それほど派手な作画は多く見受けられませんでした。

しかし本作はSF設定で、特殊兵器を駆使した人類と、地球を侵略せんとする異星人との戦争を描いているので、戦場でのギタイとのバトルシーンは、飛び交う銃弾や兵器メカのエフェクトが凄まじく、かつ緻密に細部まで描かれており、その圧倒的な描写は圧巻の一言に尽きます。

All You Need Is Kill 評価は★5】

本作は元々、ライトノベルを原作としたコミカライズ作品として、構成・キャラクター原案・作画と、合計4名ものクリエイターが関わっているだけに、大変完成度が高いです。

単行本全2巻で完結しているとはいえ、決してボリュームの少なさを感じさせない、珠玉の短編となっております。

 

オールユーニードイズキル 無料で全巻全部を(最新刊も)読むならU-NEXT

⇒ 31日無料キャンペーンで漫画を読む