ウロボロス 漫画 無料 全巻全話をアプリを使わず読めるサイトをお伝えします。

『週刊コミックバンチ』にて2009年から連載されていたが、同誌が2010年8月に休刊したため、2011年1月に同社より創刊された『月刊コミック@バンチ』へ移籍し、2017年まで連載され、2015年にはTBS系列で主演・生田斗真、共演・小栗旬でテレビドラマ化され話題を呼んだ、単行本全24巻で完結済みの、神崎裕也先生によるサスペンスアクション漫画「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」をご紹介したいと思います。

ウロボロス 漫画 無料 全巻全話をアプリを使わず読めるサイト【漫画閉鎖後はコレ】

ウロボロス を全巻無料で読む方法は、電子書籍を配信しているU-NEXTと言うサイトなら無料で確実に読む事ができます。

無料で電子書籍をネットで読むと聞くと「どうせ、試し読みで途中までしか読めないんだろ!?」と思うかもしれませんが、そんな事はありません。

 

本当に、ウロボロス の読みたい巻をしっかりと最後まで読めます。

その理由をご紹介しておきます。

 

U-NEXTと言う、電子書籍&動画配信サービスでは、1ヶ月、完全に無料で利用する事できます。※登録から31日以内に解約すれば、完全に無料で利用できます。

そして、無料登録にも関わらず、U-NEXT内で利用できるポイントがもらえます。このポイントを活用する事で、ウロボロス の好きな巻や最新刊など、無料で読む事ができます。

⇒ 31日無料キャンペーンで漫画を読む

※このU-NEXTの無料キャンペーンはいつ終了するか、わからないので、早めに登録しておきましょう。

 

ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリのあらすじ&ネタバレ

孤児であった主人公・龍崎イクオ(りゅうざき いくお)と、もう一人の主人公・段野竜哉(だんの たつや)は、児童養護施設「まほろば」でともに暮らしていた。

ある日、孤児である二人にとってかけがえのない家族のような存在であった、児童養護施設の職員・柏葉結子(かしわば ゆいこ)を、何者かに殺害されてしまう。

逃げていく犯人の後ろ姿を目撃した二人は警察へ証言しようとしたが、金の腕時計を付けた警察関係者に威圧的に脅され、事件は迷宮入りとなってしまった。

15年後、イクオは事件を隠蔽した警察組織へ復讐するために警察官となり、竜哉は事件の実行犯を探るためにヤクザの松尾組(まつおぐみ)の組員となり、それぞれ表と裏の世界に身を置いて、結子の死の真相を追う。

注目はイクオと竜哉の作中での立ち位置

「サスペンスもの」として主人公の関係者が殺害され、その犯人に対して復讐を兼ねて事件の真相に迫っていくのは、もはやこの手の作品の定番であり、なんの新鮮味もありません。

しかし本作は、15年前の殺人事件が警察の介入よってうやむやにされたことから、イクオは警察組織への復讐も兼ねて、事件の真相を警察内部から探るため警察官に、一方の竜哉は裏社会からイクオのサポートと事件の真相を探るため、警察とは対の存在であるヤクザになって、お互いに情報を共有し助け合いながらストーリーが展開されていきます。

警察官とヤクザというお互いの立場上、大っぴらに会うわけにもいかず、双方の立場の本来の立ち振る舞いもこなしつつ、秘密裏に行動を共にするその様は、二人がお互いの組織にいわばスパイとして潜入しているようなものです。

また事件のより有力な手掛かりを掴むため、二人はそれぞれの組織で手柄を立て、異例の出世をしていきストーリーの核心へと迫っていきます。

その斬新な設定が従来のありきたりな「サスペンスもの」と違い、奇をてらったものとなっており、本作の最大の魅力となっております。

「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」の感想 巨悪に立ち向かう主人公二人の正義

本作の主軸は、警察組織を中心とした社会の巨悪に焦点があてられており、ストーリーが進むにつれシリアスさも増し、重苦しい内容になっていきます。

最終的にイクオと竜哉の二人は、警察とヤクザのそれぞれの組織から離れ、孤軍奮闘ような形になってしまいます。

ですが、彼らには彼らだけの一貫した「正義」があり、それが本作の当初からクライマックスまで変わることはありません。

そのブレない二人に読者は惹きつけられ、感情移入してしまうことでしょう。

「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」の評価は★4

タイトルである「ウロボロス」は、自分の尾を飲み込んでいる竜または蛇の姿を指します。
意味も複数あり、竜または蛇が1匹または2匹の場合があるなど、場合によってさまざまなので一概には言えませんが、本作の場合の意味は「二人で一つ」や、「表と裏」で数は「2匹」でしょう。

本作は主人公二人の復讐劇であると同時に、お互いを信じて助け合う絆や友情の物語でもあるのです。

「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」あらすじ・ネタバレ・見どころ・感想・評価についてでした。